読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

blackphantomのブログ

早期リタイアを目指すサラリーマンのブログです

ストレス発散費用を削減するには

前回、私の生活費は大部分が飲食費で、特に飲み代が一番多いということを紹介させていただきました。
そして、減らしにくい理由が、ストレス発散の費用になっているためということも書かせていただきました。

飲食費の額が非常に多いのは、ずっと悩みの種です。他の項目も以前はもっと多かったのですが、医療費以外は削減してこの結果となっています。
実は、飲み代以外の遊興費などは削減がそれほど難しくはなかったのです。というのも、遊びというのは楽しむためにやるのですが、意外と我慢ができる部分だからです。
飲み代なども楽しんでいるのではないかと言われそうですが、どうも性質が違っています。
楽しみというよりも、ストレスを紛らわすためのものだからです。

純粋に遊びとして、楽しみとしてやるのが、0をプラスにする行為だとすると、ストレス対策はマイナスを0に近づける行為です。
0がプラスにならなくても、まぁ、いいのです。単に、普通に生活したってだけです。
しかし、マイナスは放っておくと、心に来るため、なんとかしないといけない。

残念なら、0をプラスにするタイプのものと、マイナスを0にするタイプのものは、違いがあるらしく、メンタルの状態がマイナスの場合は、そもそもとした遊ぶ元気がないのです。だから、酒を飲みます。

こういう性質があるがために、なかなか飲食費は減らないのです。特に、ストレスが溜まっていると、自炊や洗い物をする元気もないので、店にゆきます。こういうのが積み重なって、習慣化してしまっているわけです。

今は、こうやってブログが書けているだけあって、メンタル状態はそれほど悪いわけではありません。

だから、ここしばらくは自炊も続いていますし、酒も自宅で大酒するわけでもなく飲んでます。この水準ですと、さほど大きな出費にならないペースではあります。(ただ、年間130万に抑えるための条件となると、達成できているとは言えませんが)

我慢・節約、というキーワードで根性で乗り切ろうとすると、どこかで、ストレスメーターが振り切れます。というか、今までも何回が振り切れてしまい、元に戻ってしまいました。

結局、我慢でどうにかするのは、難しいのです。
根本にあるストレス発散の方法を、もっと言えば、ストレスを溜めない手段を考えてゆかないといけないと感じています。